千葉県千葉市のエコキュート補助金情報

公開日:2023/12/08

補助金

「環境に配慮した家づくりがしたい」「電気代を抑えたい」と考えるならエコキュートの設置を検討する方も多いのではないでしょうか。

しかし、設置費用が高いところが難点です。少しでも負担を減らすなら補助金制度の利用もおすすめです。

そこで今回は、千葉市でエコキュートを設置する場合に利用できる補助金情報を紹介します。

エコキュート設置による補助金をもらうには

エコキュートとは再生可能エネルギーを活用した電気給湯器です。エコキュートは大気中の熱をヒートポンプ技術でエネルギーに変えます。割安な夜間電力を使用してお湯を沸かすため、電気代を抑えられるところがメリットです。

エコキュートは省エネ対策に有効な設備ですが設置費用が高いため、自治体や国ではエコキュート設置による補助金制度が設けられています。

補助金を受け取るには事前に確認しておくべきことがあるため、エコキュート購入前に以下を確認しましょう。

補助金の種類を確認

まずは、住まいの地域でエコキュート設置による補助金制度があるかを確認します。多くの自治体はホームページに情報が記載されているためチェックしましょう。また、補助金制度は申請期間中であっても受付を終了している場合があります。最新の情報がホームページで確認できない場合は、問い合わせてみましょう。

補助金受け取り対象であるか確認

補助金制度を受けるにはさまざまな条件があります。受けたい制度を確認したら、受け取り対象であるかチェックします。

エコキュートの設置が対象工事であるかの確認は重要です。また、未設置の住宅に設置する工事や新築に設置する場合など、設置に関する条件も確認します。そのほか、申請者自身の条件を設けている自治体もあるため、ひとつずつチェックしましょう。

申請のタイミングを確認

エコキュート補助金の申請は、購入を決めたらすぐに準備を始めるのがおすすめです。購入後だと条件に当てはまらない、申請が終了していたなどで補助金が受け取れない可能性もあります。

また、補助金制度の内容確認は4〜5月がおすすめです。予算案は4〜5月に更新され、この時期に新たな補助金制度が確認できます。昨年度は終了してしまった制度が今年度に再度スタートしている可能性もあります。エコキュートの購入時期を選べる方は、春以降での購入を検討しましょう。

千葉市のエコキュート補助金制度

千葉市で行われている一般家庭向けの補助金制度は「住宅用設備等脱炭素化促進事業補助金」です。「住宅用設備等脱炭素化促進事業補助金」には住宅設備関係と次世代自動車関係の2種類ありますが、以下ではエコキュート補助金に関連する住宅設備関係の内容を紹介します。

住宅用設備等脱炭素化促進事業補助金(住宅設備関係)

「住宅用設備等脱炭素化促進事業補助金(住宅設備関係)」は、千葉市内の住宅に再生可能エネルギー設備(太陽光発電システム・太陽熱利用システム・ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)・家庭用燃料電池システム(エネファーム)・定置用リチウムイオン蓄電システム・窓の断熱改修)などを導入した場合に補助金を交付する制度です。

昨年度まで制度としてあった「千葉市ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス普及促進事業補助金」は、令和5年度よりこちらの制度に統合されています。

エコキュートに関する補助金は、エコキュートを含むネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)を建てることで、10万円受け取れます。ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)とは、「エネルギー収支をゼロ以下にする家」のことで、太陽光発電などで作るエネルギーで消費し、実質的に住宅で消費するエネルギー量をゼロ以下にする家のことです。

申請方法

申請は千葉市環境局環境保全部脱炭素推進課に申請種類一式を持参、もしくは郵送や電子申請にて行います。郵送や電子申請は申請受付期間までに到着するのが条件です。

必要な書類は千葉市のホームページに詳細が記載されています。ホームページからダウンロード可能なので、利用しましょう。

注意点

どの補助金制度についても同じですが、予算枠が決まっているため申請したいときには受付が終了している可能性があります。

「住宅用設備等脱炭素化促進事業補助金(住宅設備関係)」はエコキュートの設置だけでなく、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)対応の住宅が引き渡されていなければ申請できません。

今年度は予算枠が埋まって締め切られていても、翌年度は再度申請可能な場合もあります。予算が決定する時期はこまめにホームページをチェックしましょう。

次年度の支援内容は現在未定です。

千葉県のエコキュート補助金制度

千葉市の住民なら、千葉県のエコキュート補助金制度の利用も可能です。千葉県のエコキュート補助金制度、「ちば省エネ家電購入応援キャンペーン」を紹介します。キャンペーンの詳細内容や申請方法を確認しましょう。申請時の注意点も押さえておくのがおすすめです。

ちば省エネ家電購入応援キャンペーン

「ちば省エネ家電購入応援キャンペーン」は、対象の省エネ家電購入でキャッシュレスポイントをゲットできるキャンペーンです。対象店舗でエアコン・冷蔵庫・電気給湯器(エコキュート)・テレビを購入すると、購入金額に応じてペイペイポイントやポンタポイントなどに交換できます。

購入金額に応じてもらえるポイント数は、5万円以上10万円未満は10,000ポイント、10万円以上15万円未満は20,000ポイント、15万円以上は30,000ポイントです。

申請方法

まずは対象店舗で対象品目の省エネ家電製品を購入します。購入した対象店舗から申請チケットが受け取れるため、チケットに記載のQRコードにアクセスして申請内容を入力しましょう。

承認されると受け取りメールが届き、期限内にキャッシュレスポイントに交換します。このように、申請からポイント獲得まで、すべてパソコンやスマホで完結できるため、補助金の受け取りがスムーズです。

申請時に必要なものは、申請チケット・お客さま情報・購入製品レシートの写真・購入製品メーカー保証書の写真・「取り付け工事注文書・配送注文書・納品書」など、購入製品設置に関わる証明書の写真です。

「ちば省エネ家電購入応援キャンペーン」は必要書類が揃い次第、早めに申請しましょう。

注意点

対象品目にはそれぞれ統一省エネラベルがついており、省エネ性能が星の数で示されています。省エネ性能が一定数以上クリアしているのが条件です。

エアコンは4つ以上、冷蔵庫は3つ以上、電気給湯器(エコキュート)は4つ以上、テレビは3つ以上となっています。星の数は購入前に店頭で確認しましょう。また、対象店舗以外の購入では補助金が受け取れないため、対象店舗の事前確認も必要です。

キャンペーンを受けるには、購入日ではなく設置日が対象期間内であることが条件です。エコキュートの購入と設置は余裕を持って行いましょう。また、設置場所は千葉県に限ります。

国のエコキュート補助金制度

エコキュートの補助金制度は自治体だけでなく国でも行っています。

国のエコキュート補助金制度、「給湯省エネ事業」と「こどもエコすまい支援事業」は、エネルギー価格高騰の影響を受けやすい、子育て世帯や若者夫婦世帯を対象に、2050年のカーボンニュートラル実現をはかることを目的としている制度です。どちらも、新築注文住宅・新築分譲住宅・リフォームが対象となっています。

給湯省エネ事業

「給湯省エネ事業」とは、補助対象のエコキュート機種の設置で補助金を受け取れる制度です。対象機種は高効率給湯器となっており、エコキュートはヒートポンプ給湯器として対象になります。

エコキュートは戸建ての場合、1台につき5万円、最大補助金額(戸建てを想定)10万円です。共同住宅の台数制限は1台以内のため、最大でも5万円の補助金になります。

「給湯省エネ事業」の対象支援製品には基準が設けられており、「2025年度の目標基準(省エネ目標基準)値以上とされる予定です。詳しくは経済産業省のホームページから確認しましょう。

こどもエコすまい支援事業

「こどもエコすまい支援事業」とは、エコキュートと同時にエアコン・空気清浄機の設置や改修工事などをする場合に適用される補助金制度です。エコキュート1台につき27,000円の補助金が受け取れます。「こどもエコすまい支援事業」はエコキュート交換のみでは申請できません。

また、「こどもエコすまい支援事業」には補助対象世帯が定められており、子育て世帯と若者主婦世帯に限ります。子育て世帯とは申請時点において子どもを有する世帯、若者主婦世帯は申請時点において夫婦であり、いずれかが39歳以下である世帯です。詳しくは国土交通省のホームページで確認しましょう。

申請方法

申請は消費者ではなく、締結した事業者が代行します。そのため、エコキュートの設置は事業者登録をしているところと契約しましょう。

申請には着工前と着工後の補助対象となる改修部分の写真が必要です。登録事業者に依頼する際は、補助金制度を利用したい旨を伝え、事前に申請条件を満たしているかどうか確認してもらいましょう。

注意点

自治体と同じように、国のエコキュート補助金制度も予算が決まっています。そのため、期間内でも予算枠が埋まり次第終了することを把握しておきましょう。

とくに注文住宅の場合は、着工までは予算・間取り・内装・メーカー選びなど細部まで決める必要があるため、かなり時間がかかります。申請期間を考慮しながら計画的に進めましょう。

また、対象になる住宅の性能も補助の要件に含まれます。とくにリフォームの場合は、必須の工事内容があるため注意しましょう。必須の工事内容は、外壁・屋根・天井または床の断熱改修、開口部の断熱改修、エコ住宅設備の設置です。

また、任意で防災性能向上改修、子育て対応改修、バリアフリー改修・空気清浄機能や換気機能付きエアコンの設置、リフォーム瑕疵保険などへの加入も要件としてあります。そして、これらの合計補助額が5万円以上でなければ、補助申請ができません。

補助金制度の利用は、同一の住宅が申請できるのは一度だけです。しかし、リフォームの場合は、同一住宅で複数回でも申請できます。ただ、国が実施するほかの補助金制度との併用は困難です。

そのほかの千葉市補助金制度

千葉市にはエコキュートに関する補助金制度「住宅用設備等脱炭素化促進事業補助金(住宅用設備関係)」以外にも、補助金制度が設けられています。なかでも、一般家庭向けの補助金制度を紹介します。積極的な温暖化対策のためにチェックしましょう。

住宅用設備等脱炭素化促進事業補助金(次世代自動車関係)

「住宅用設備等脱炭素化促進事業補助金(次世代自動車関係)」は、電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド自動車(PHV)、V2H充放電設備、燃料電池自動車(FCV)を購入した場合に利用できる制度です。

電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド自動車(PHV)なら5万円、電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド自動車(PHV)購入に加えて住宅用太陽光発電設備を併設する場合は10万円、さらにV2H充放電設備も併設する場合は15万円の補助金が受け取れます。

また、V2H充放電設備単体購入なら補助対象経費の10分の1(上限25万円)、燃料電池自動車(FCV)購入なら30万円の補助金です。

受付は先着順なので、自動車は納期を確認しましょう。人気車種の場合は数ヶ月かかる場合もあります。また、工事が必要な設備の場合は工事完了後の受付です。

それぞれ共通の要件として設備の導入費用を負担して所有すること、申請者が住むこと、住民税を滞納していないこと、同じ住宅で補助金を受け取っていないことが挙げられます。また、それぞれ個別の補助要件については、千葉市のホームページで詳細を確認しましょう。

そのほかの千葉市補助金制度

一般家庭向け以外にも、千葉市では集合住宅の管理組合向け、中小事業者向け、建設事業者向けの補助金制度が設けられています。

集合住宅の管理組合向けには「住宅用設備等脱炭素化促進事業補助金(集合住宅関係)」があります。集合住宅へ電気自動車などの充電設備を設置した場合に、管理組合に対して補助金を交付する制度です。

補助金額は、住民のみが利用できる場合は設備の種類に応じて1基につき最大50万円(2基まで)、住民以外も使用できる場合は1基につき最大66万円(2基まで)と分かれています。

中小事業者向けの制度は「中小事業者向け省エネルギー設備導入促進事業補助金」・「中小事業者向け電気自動車誘電設置事業補助金」・「省エネ最適化診断支援事業補助金」です。

「中小事業者向け省エネルギー設備導入促進事業補助金」は省エネルギー設備を導入する中小事業者に補助金を交付します。補助対象設備は、高効率照明・高効率空調・業務用給湯器・変圧器などです。補助対象経費の3分の1(上限50万円)を受け取れます。

「中小事業者向け電気自動車誘電設置事業補助金」は電気自動車などの充電設備を設置した中小事業者に対して補助金を交付する制度です。急速充電設備なら補助対象経費の2分の1、普通充電設備なら補助対象経費の2分の1受け取れます。

「省エネ最適化診断支援事業補助金」は、事業所の省エネ最適化診断を実施した中小企業者に対して補助金を交付する制度です。受診費用に対して補助対象経費の10分の10(上限21,000円)を受け取れます。

建設事業者向けの制度は「ZEBプランニング支援事業補助金」です。ZEBプランニングとはZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)導入にあたっての基礎調査や計画策定などのことで、プランニングを要した経費を補助してくれます。

紹介した各補助金制度には、それぞれ補助要件や必要書類などがありますので、千葉市のホームページで詳細を確認しましょう。

千葉市は地球温暖化を防ぐために、さまざまな対策を設けています。住みやすい千葉市を維持するために、対策になる設備を積極的に導入しましょう。しかし、設置にはそれぞれ費用が発生します。紹介した補助金制度を上手に利用すれば、家庭の負担を減らした導入が可能です。

また、千葉市の制度以外にも、千葉県の制度や国の制度も併せて確認しましょう。しかし、制度によっては併用不可のものありますので、事前に補助要件などをチェックするのがおすすめです。

また、千葉市は省エネルギー・再生可能エネルギーなどの導入に関してポータルサイトの設置や事業専門委員会、太陽光発電設備関連情報など、さまざまな取り組みをしているのがホームページで確認できます。

まとめ

千葉市では、エコキュートを含むネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)を建てることで10万円受け取れる「住宅用設備等脱炭素化促進事業補助金(住宅設備関係)」があります。

申請には申請種類一式の持参・郵送・電子申請が可能です。ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)対応の住宅が引き渡されていなければ申請できないため注意しましょう。

千葉市でエコキュートを設置するなら、千葉市の補助金制度以外にも、千葉県の「ちば省エネ家電購入応援キャンペーン」、国の「給湯省エネ事業」・「こどもエコすまい支援事業」も利用可能です。利用する前には必要な確認事項があるので、それぞれ公式ホームページで詳細を確認しましょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

OTHER LIST

掲載企業

RANKING TABLE

【千葉県】おすすめのエコキュート交換業者ランキング比較表

イメージ1
2
3
4
5
6
7
サービス名エコバス便エコテック住設ジャパンチカラもち千葉住宅設備千葉エコキュート交換サービス株式会社E-TEC
特徴エコキュート専門業者だから一貫して頼めて安心年間実績1,200件以上!圧倒的安心感のあるエコキュート修理店有名メーカーの機器も安く提供!安さと安心にこだわった価格設定の設備工事会社専門職人が一貫して担当!コストも安全性も信頼できるエコキュート専門店千葉県内に絞ることで「住まいのかかりつけ医」を目指しているリフォーム会社お得なキャンペーンを実施し顧客サービスを徹底しているエコキュート交換会社対応地域を限定することで即日工事を実現!エコキュート交換工事専門店
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら